小論文

太平洋法律事務所では、年2回「太平洋 NEWS LETTER」を発行しています。
その中から皆様に有益な情報を抜粋してこちらで公開しています。

2021年 冬号

 ホンダは、SAE(「米国自動車技術者協会」)レベル3機能の自動運転装置付きモデルを2021年3月に販売すると報じた。このモデルは、運転者が装置作動中は道路から目を離すことができる。安全運転の制御、監視、対応主体は人から「システム」に移る。その布石として2020年4月の改正道交法(法71の4の2の2)は、一定の条件下ではあるが運転者に走行中の前方注意義務を免除した。レベル3は、システムの要求があれば人の操作が求められる。しかし、レベル4、5になればその必要すらない。事故回避のためのリスク予測などを確実に実行するために、システム自身が自己学習するディープラーニングが不可欠となる。ディープラーニングは、「データから法則性を見つけ出す」ための「目の付け所」をシステムが自己学習するものだ。値の算出はシステム自体の試行錯誤による。どのルール(アルゴリズム)をどのように使って値を導いたかはブラックボックスだ。これを「職人のカン」の世界というのは乱暴か。だから自動運転車両が事故を起こしたときに、「どうしてそんな走行をしたのか」は、システムだって説明できない。事故が避けられないとき、「何を犠牲にするか」という「トロッコ問題」もシステムの判断だ。説明を可能化する技術開発も進む。これが達成できないままに製品化を「見切り発車」させる政策に危うさを覚える。

バックナンバー