小論文

太平洋法律事務所では、年2回「太平洋 NEWS LETTER」を発行しています。
その中から皆様に有益な情報を抜粋してこちらで公開しています。

2021年 夏号

 皆様におかれましては、お元気でお過ごしでしょうか。コロナ禍が始まってから約1年半経ちました。ワクチンの接種が始まりましたが、未だ、終息の目処は立っていません。また、十分な治験の期間を経ずに承認されたワクチンの副反応や副作用についても不安が残るところです。繰り返し休業要請、時短要請をされている飲食店等も倒産、廃業が増加し、それに伴って失業率も増加するなど国民生活も打撃を被っています。コロナ禍でのトピックな法律問題である休業要請と賃料支払義務の関係等について田中弁護士が試論を述べていますのでご覧下さい。
 「不要不急」の外出は控えるように広報されていますが、法律事務は「不要不急」ではなく、裁判所も、最初の緊急事態宣言の際以外は、通常の間隔で裁判期日を入れています。当事務所では、マスク着用の上、相談室にアクリル板を設けるなどの対策を取っていますので、安心してご来所下さい。
 一日も早くコロナ禍が終息することを願ってやみません。

バックナンバー